TRADITIONAL TAQZEN TEA SALON
MENU
ショッピング
古傳薬膳茶論
統合医療のスペシャリスト 医学博士・川嶋朗先生の「東洋医学」コラム

第1回「病は気から」って?

「病は気から」という言葉をご存知だと思います。

多くの方は、その「気」を「気持ち」とか「気合い」とかの意味と思っているかもしれません。気の持ちようで病気に罹らないとか、気合いが入っていれば、病気が治るとか……。いわゆる精神論ですよね。

こころが病気の原因になることもあります。しかし、「病は気から」の「気」はこころではありません。ですから、こころの持ち方ですべての病気が治るとは限りません。
日本では「気」という言葉は大きく3通りの意味で使われています。

  • 「空気」とか「気体」などのガス状のもの。
  • 「電気」とか「磁気」などのエネルギー的なもの。
  • 「気分」とか「気性」などの精神(こころ)を表すもの。

これが東洋医学の世界では「気」は、万物の基となるエネルギーの様な意味で使われます。実際、「病は気から」の「気」は東洋医学から来た言葉です。

東洋医学には「気血水」(き・けつ・すい)という言葉があり、人体を構成する3つの「基本的な要素」とされています。

この「気血水」が常に身体の中を巡ることで、心と身体の健康を支えられていると考えられます。つまり、「気血水」により、抵抗力や自然治癒力を保ちながら生命の活動が維持されることで、人間は生きていけるのです。

■「気」って何?

では、そもそも「気」とは何でしょうか。

東洋医学では「気」とは、生命活動の根幹をなすエネルギー源のこと。身体を正常に働かせるための代謝を司る生命エネルギーで、臓器の働きを保ったり、身体の表面を守ったりする役割もあります。

ちなみに「血」は、身体の中の血脈を巡り、栄養分や酸素を全身の細胞に運びます。また、関節の動きを助け、正常な精神や意識を維持する役割も担っています。

また、「水」は「津液」(しんえき)とも呼ばれ、身体の中に存在する「血」以外の体液(水分)です。食物からつくられる栄養素が変化して生成され、唾液や尿、関節液など多くの水分となります。これらの津液は、身体を潤す他、骨格や筋肉をつくり、老廃物を体外に排出しながら水分のバランスを保っています。

この「気血水」が身体の中でバランスよく体内を流れ、隅々まで巡ることにより、健康が維持されるわけです。逆に言えば、このバランスが崩れたり、調和が乱れることで身体が不調になります。

身体の「機能」を維持するのが「気」で、身体の「構造」を維持するのが「血・水」と言ってもいいでしょう。

「気」って何?
「気」って何?

■基本となる4つの「気」

さて、人体には基本となる4つの「気」があるとされています。「宗気」(そうき)、「営気」(えいき)、「衛気」(えき)、「元気」(げんき)です。

「宗気」は、胸の中で働く「気」で、主に呼吸を行なったり、心拍運動により「血」を身体中に巡らせます。

「営気」は、栄養分の多い「気」で、津液と共に血を生成し、経絡を通じて、身体中に栄養作用を供給します。

「衛気」は、身体の外からやって来る病気やストレス、アレルゲンなどの「邪気」の侵入を阻んで、身体に入った悪いものを追い出す「気」です。防御作用や免疫機能を担う他に、身体を温めたり、発汗などの体温調節も司ります。

「元気」は、良く聞く言葉で、体力とか健康状態の意味で使われていますが、東洋医学では少し違います。元気とは生命活動を営むための原動力となる「気」のことです。この元気が全身を巡って成長や発育を促し、臓腑の働きを促進します。

■「気」が乱れることで起こる身体の不調とは?

東洋医学では「気血水」の乱れにより、病気など身体の不調が起こると言いましたが、特に、身体を巡っている4つの「気」が乱れると「気病」という身体の不調が起こります。

「気虚」(ききょ)、「気滞」(きたい)、「気逆」(きぎゃく)の3つが主です。

さらに、「血」が乱れると「血虚」(けっきょ)、「瘀血」(おけつ)。「水」が乱れると「水滞」(すいたい)となります。

これら、「気虚」「気滞」「気逆」「血虚」「瘀血」「水滞」は、身体のタイプと言っても良く、自分の体調を知る大きな診断ポイントともなっています。また改めて、これら自分の身体のタイプを知り、それぞれのタイプごとの健康法をお伝えしたいと思います。

「気」が乱れることで起こる身体の不調とは?
「気」が乱れることで起こる身体の不調とは?

【気虚】
「気」が乱れることで起きる不調の「気虚」とは、「気」が足りていない状態のことです。抵抗力が弱まり、疲れや倦怠感を覚え、息切れや脈が弱くなるなどの症状が出ることがあります。体力が弱まっているので、免疫力が下がり、病気に罹りやすくなります。

【気滞】
「気滞」は、文字通り「気」の巡りが滞っている状態のこと。「気鬱」(きうつ)とも言います。何となく鬱々としたり、不安になったりして、眠りも浅くなり、胸や喉につかえを感じることもあります。

【気逆】
「気逆」は、体内の「気」の循環が乱れているために、「気」が逆流し、上昇している状態のことです。「気」が鎮まった、落ち着いた状態の「逆」になってしまい、無駄に興奮してしまったり、突然の頭痛やめまい、動悸が起こったり、ゲップや吐き気などの症状が出ることもあります。更年期障害とよく似た症状と言えるかもしれません。

■「病は気から」というのは真実です。

このように、人間の身体は「気」からつくられ、「気」によって維持されています。「気」が正しく巡っている状態が「正気」(せいき)であり、即ち健康な状態です。

冒頭で「病は気から」と言いましたが、この「気」は「気合い」や「気持ち」ではなく、まさに東洋医学で言うところの「気」そのもの。つまり、生命の基となるエネルギーの「気」なのです。

気が病んでしまった状態が病気です。ですから、「病は気から」というのは、本当のことと言ってもいいのです。身体を巡る「気」が乱れると、「気虚」「気滞」「気逆」に陥り、病気を招いてしまうわけですから……。

■漢方のお茶もオススメです。

したがって、皆さんが健康を維持するためには、気の乱れを防ぐことが重要です。これは西洋医学の観点ではなかなか難しいかもしれません。そもそも診断により「病名」が付けられてから、治療がはじまるのが西洋医学です。

そこで、お勧めは漢方による生薬です。生薬は「気血水」のバランスを整えることが重要な要素となっていますので、病気はもちろん、病気とまでは言えない「未病」にも有効です。

多くの方々が感じている「気虚」「気滞」「気逆」などの状態は、病気を招く可能性が高くなっています。

ですから、日常から漢方薬や「漢方茶」を飲むことで、病気になる前に体調が改善できる可能性が高いと考えます。

特に「漢方茶」は、身体を温めることにもつながりますので、免疫力の向上にも役立つでしょう。

ぜひ、漢方薬や「漢方茶」で「気」の巡りを整え、日々の健康を維持していただきたいと思います。

漢方のお茶もオススメです。
漢方のお茶もオススメです。

「気」は生命活動の根幹をなすエネルギー源である。
「気」には基本となる「宗気」「営気」「衛気」「元気」の4つがある。
「気」が乱れると、「気虚」「気滞」「気逆」など身体の不調が起こる。
そのような意味で「病は気から」というのは真実です。
「気」を整えるには、漢方茶もお勧めです。

TRADITIONAL TAQZEN TEA SALON
MENU
ホーム | HOME
close
オンラインショッピングへ
宇治園